行政・法人向けのプログラム
for Administrative Organs and Companies

行政・法人向けのプログラム
for Administrative Organs and Companies

社員研修、講演会、健康セミナーなど、 笑顔いっぱいの楽しいプログラムをご提供します。

名古屋フィジカルフィットネスセンターは、1970年の発足以来、東海三県を中心に”いつでも、どこでも、だれでもできる健康づくり”を合言葉に、「本物の健康」を追求して、多様なプログラムをご提案してきました。

ポールを使って健康的に歩く「ポールウォーキング」、認知症予防の運脳教室「TUP」、ロコモ・メタボ予防研修は、当センターの人気プログラムです。経験豊富なインストラクターが、フィットネスエンターテイナーとして笑いの絶えない楽しいプログラムをご提供します。

ご要望に応じたお時間や、プログラム内容をおつくりいたします。お気軽にご相談ください。

教室案内

当センターがご提案する教室の一例です。
ご要望に応じて教室をおつくりします。詳しくは、ご相談ください。

ポールウォーキング

ポールウォーキングとエクササイズを組み合わせた教室です。
ポールの使い方の基礎から学び、安全に楽しく歩く教室です。普通のウォーキングに比べ、補助がある分、より楽に歩くことができます。

ウォーキング

ウォーキングとエクササイズを組み合わせた教室です。
ウォーキングは身体の基礎となる足腰をバランスよく強化する絶好のエクササイズです。個人の歩き方の癖で膝を痛めてしまう方もみえます。正しい歩き方を学び、楽しく歩いてロコモ予防に励みましょう。

ロコモ・メタボ予防

健康を維持し寝たきりにならないために、足腰を強くし、身体を鍛えることはとても大切なことです。
年齢に応じたロコモ・メタボ予防のエクササイズで、会社の大切な社員様、高齢者施設の入所者様の健康のサポートをいたします。また、行政主催のセミナーや、講演会等でも人気の教室です。

認知症予防運脳教室「TUP」

当センターが開発した脳と身体に働きかけるプログラムです。
身体を動かすことでロコモ・メタボの予防をすると同時に、脳トレにもなるエクササイズをするので認知症予防におすすめです。
高齢者サークルや、高齢者介護施設にオススメの教室です。

大人の日帰りツアー

大人のための健康推進を目的とした日帰り旅行です。
エクササイズとポールウォーキングをメインプログラムに、身体に優しいお食事をいただく、とても楽しいツアーです。
ポールウォーキングが初めての方でも、ポールの使い方の基礎からレッスンするので、安心です。

推薦者の声

恒川クリニック院長
東海ホリスティック医学振興会会長
藤田医科大学医学部客員教授

恒川 洋 先生

恒川クリニック院長・東海ホリスティック医学振興会会長・藤田医科大学医学部客員教授

恒川 洋 先生

東海ホリスティック医学振興会は、1991年に人間だけでなく、自然、社会さらには人間関係も“まるごと”に捉え、“つながり”を重視するホリスティック医学を研究、振興する目的で設立されました。患者さんが取り組むべき養生(呼吸・食・体・心)の中、体の養生の専門家として長谷川先生を当振興会の理事に就任して頂きました。
長谷川先生におかれましては、当振興会の様々な活動に講師、指導者として関わって頂き、非常に好評です。超高齢化、少子化社会となった日本の行く末を思うとき、長谷川先生、NPFCの果たすべき役割の重要性は計り知れません。ホリスティック医学の振興も含め、大いにご活躍ください!!!

シニア健康クラブ代表

河合 威哉 様

シニア健康クラブ代表

河合 威哉 様

この度、長年フィットネス指導いただいております長谷川弘道先生が代表を務められますNPFCが法人化されるにあたりまして、クラスを代表しまして一言応援メッセージを申し上げます。
今から20年ほど前、名古屋市瑞穂生涯学習センターにて主催講座が長谷川弘道先生の指導のもと開講され、定年退職後の新たなる人生を模索する中、この講座を受講しましたところ、当時体を動かすことがなかった私にとって運動不足を補いストレス解消となり非常に良い感触を持ちました。
講座参加者の皆さんも同様の感触を持たれ、自主活動できないかという声が上がり、平成12年12月に本会「シニア健康クラブ」を発足いたしました。
本年で20年目を迎える当クラブは、長谷川代表をはじめとするNPFCから派遣されるトレーナーの皆さんのご尽力に感謝し、クラブの目的である個々の健康維持と会員の親睦を図れるように、毎週水曜日のクラブ活動を今後も続けてまいります。
NPFCが今後ますますご発展されますことを会員一同、応援しております。 

津島ポールウォーキングの会 代表

日比 みどり 様

津島ポールウォーキングの会 代表

日比 みどり 様

この度は、大変おめでとうございます。
先生のご尽力の賜物と心からお祝い申し上げます。益々お忙しくなることと思いますが、先生の末永い活躍をお祈り申し上げます。
さて、私と長谷川先生との出会いは、合から12年ほど前に遡ります。当時私は小学校の教員をしており、その年の家庭教育学級の講師を誰 に依頼するといいのか悩んでおりましたところ、ある方から長谷川弘道先生を紹介されたことがきっかけです。
「いつでも・どこでも・だれとでも」できる健康づくり!をキャッチフレーズに、親子でいっぱいになった体育館で、実に明るく楽しく元気よく ご指導をしていただきました。たった30分程でしたが、皆さん汗だくになり、素敵な笑顔で終えることが出 来ました。
その長谷川先生が、ポールウォーキングの第一人者だと知り、ぜひ津島市でもポールウォーキングを広め、みんなで健康づくりに挑戦しよ うと「津島ポールウオーキソグのなかまの会」を立ち上げました。長谷川先生の素晴らしさは、どの年代の方にもその年代に合った健康法を伝授しようと日夜研究をされ、わかりやすく楽しく敦えてくださるところです。
私達の会は毎月第1土曜日に天王川公園で朝了時半からポールウォーキソグを楽しんでいます。長谷川先生の魅力で、毎回大勢の方が参加してくださっています。これもロコミでどんどん広がっており、おか げさまで会を立ち上げてから7年が過ぎました。また、長谷川先生のご指導が素晴らしいので、学校やコミュニティー、JA女性部等からのオハーもあり、先生の活躍は留まることがありません。
誰でもがピンピンコロリではなく、ピソピンキラリと輝く人生になるためにも、これからの活躍を大いに期待しています。

豊田中央研究所 フィットネス同好会 代表

明渡 邦夫 様

豊田中央研究所 フィットネス同好会 代表

明渡 邦夫 様

豊田中央研究所フィットネス同好会です。
会社勤めで運動不足になりがちな中高年を中心に週に1回健康増進に励んでおります。元々は会社の健康増進プログラムとして始まりましたが、現在は有志が引き継いで同好会活動として続けております。
名古屋フィジカルフィットネスセンター様とは本活動が始まって以来20年以上のおつきあいとなり、仕事などで欠席者が多い日もある中、ずっとご指導頂きまして本当に感謝しております。おかげさまで人並み以上の体力を培うことができたと、メンバー一同実感しております。今後も変わらぬご指導を賜りますとともに、名古屋フィジカルフィットネスセンター様のますますのご発展をお祈り申し上げます。

慶應義塾大学体育研究所 教授

山内 賢 様

慶應義塾大学体育研究所 教授

山内 賢 様

名古屋フィジカルフィットネスセンターは株式会社NPFCとして新たな道を踏み出すことになりました。
HPを覗くと「あまねく人々と共に健康の輪を広げていく」という理念を見つけることができます。また近年、健康と幸福の造語なのでしょうか?健幸というコピーをよく見かけます。健幸とは、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの言葉を借りて、「大切なのは生きた年月ではなく、その年月にどれだけ充実した生があったかだ。」という人が生きるための自覚や権利を短く表現したものであり、正にNPFCの理念にも含まれていると思います。
そして、NPFCが事業の本気を表現したキーワードは「元気づくり」「いつでもどこでも誰でもできるライフフィットネススキルの提供」「自分を信じる力の創造」であり、これらを包括したユーモアと柔軟性に富んだフィットネスプログラムの開発と実践は、きっと日本でなかなか繋がることが困難であったような健康関連のステークホルダーを、比類なきサービス精神で結び付けていくこと間違いなしと予見しております。
さて、アインシュタインは、「困難の中に、機会がある。」「失敗したことがない人間というのは、新しいことに挑戦したことのない人間だ。」と述べました。加えてNPFCは、アインシュタインの言葉のような人に対して、スマート&ウェルネスなフォローができる企業でもあります。もし健幸について誰かに相談したいと思っておられる方がいるならば、まずは名古屋フィットネスセンターに連絡してみるところから始めるのはいかがでしょうか?
「いつでも、誰でも、いつもかわらない気持ち良い対応」で問題解決してくれるでしょう。最後に、NPFCは、これからたくさんの国民をエージレスに、健幸へと導いてくれるという期待を込めて、私の応援メッセージかえさせていただきます。

一般社団法人 運動習慣推進協会 代表理事

小笠原 陽子 様

一般社団法人 運動習慣推進協会 代表理事

小笠原 陽子 様

当協会は、快適で生きがいのある人生を過ごす為の運動による健康づくりの啓蒙活動と、介護予防や健康経営、三世代の地域づくりなど、オーダーメイドイベントや健康講座等、企画運営を行っています。

さて、長谷川先生と出会ってもう14年くらいでしょうか。 健康運動指導士の資格を取る前から、集団指導を一から教えて頂き、特定保健指導や介護予防指導などもご指導頂きました。 長谷川先生の指導は、トークがとても楽しく、大人は爆笑!子供も、ヒーロー先生に心を惹きけられ、アイディア満載の内容は、長谷川先生のお父様からの受け継いだ賜物だとお聞きしています。 そんな長谷川先生とは、三世代の健康をサポートという点で合致し、現在は、一般社団法人 運動習慣推進協会の事業をお手伝い頂き、長久手市の事業もご一緒に取り組んでいます。
この度は、法人化ということで、名古屋フィジカルフィットネスセンターの今までの蓄積したノウハウを、後進へ伝えていく事が、社会への特に少子高齢化社会への大切な糧になっていく事と思います。
益々のご発展をお祈りしつつ、今後とも一緒に高め合いながら成長していきたいと思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。この度は、法人化おめでとうございます。

最新のお知らせ・ニュース

最新のお知らせ・ニュース